Sponsor

2000/12/31

先輩インストラクターの声



関西出身で、雪がある環境に身を置きたかったので、思いきって応募しました。

各クラスのレベル分けがしっかりしているので、目標を持ったレッスンがしやすいです。

スクール事務所の整理整頓→受付準備→受付→午前レッスン→休憩→午後レッスン→カルテお渡し→会計業務→スクール事務所の整理整頓→毎日18時から21時30分までナイター練習。

嬉しかったことは、以前レッスンをしたお客様が、ゲレンデで頻繁に声をかけてくれること。スタッフになって良かったことは、「滑ること」に対する意識が変わり、スノーボードをする上での基本的な動きや、安全面についても考えるようになりました。

平日はスクール事務所は比較的のんびりしていて、レッスンは落ち着いた雰囲気。休日はキッズがたくさんいて賑やか。非常勤スタッフもたくさん来るので、事務所での談笑や練習会が楽しいです。

インストラクターとしてスノーボードを仕事にするからには大変な事もたくさんあります。でもその分喜びが必ずあります。何より、生徒さんと共に自分自身も学ぶ事がたくさんあります。



自分自身の滑りのスキルと教えるスキルを身に付けたかった為。

感覚だけではなく、理屈でスノーボードを考えられるようになりました。

教え方、技術などで行き詰まった時に、ベテランの先輩がたくさんおり、それぞれ違った視点でアドバイスをしてもらえるところ。

お客様から楽しかったと言われたり、また入校してもらえた時にやりがいを感じます。また、雪山での生活に時間が目まぐるしく過ぎるので、慣れるまでが大変でした。

皆さん仕事と遊びのメリハリがしっかり出来ており、レッスン前は、その日のレッスン方法や場所などの打合せ等でスクール内緊張感が走りますが、レッスン後は終始和やかでノリが若いです(笑)

スノーボードを通してたくさんの方々と関わると、スノーボードへの想いや楽しさがより一層深まります。是非一緒に働きましょう!





お客様から「楽しかった!もっとスノーボードしたい!」とのお言葉を、初めていただけた時の嬉しさは、今もずっと忘れることができません。

スノーボードを通して、お客様と目標達成の喜びを共有できることが、私にとってスノーボードスクールで働くことの大きな魅力です。えぼしスノーボードスクールは、お客様が効率的に上達できるよう、レッスンマニュアルも整備されており、よりたくさん、その機会に立ち会うことができます。

レッスン前の受付業務、実際のレッスン、レッスン結果をレッスンカード・カルテに記入し、お客様に内容をお伝えする業務が主となります。レッスン前、レッスン後の空いた時間は自身の練習に充てることができます。

お客様により満足いくレッスンを受けていただくためにディスカッションを頻繁に行います。普段は皆和気あいあいとしていて、先輩インストラクターも皆優しくて楽しい人ばかりです!

インストラクターは、たくさんのお客様と喜びを共有することで、本当に心が満たされる仕事だと感じています。また、先輩インストラクターからの技術的アドバイスにより、自身の滑走技術を向上させることもでき、良いこと尽くめです!(忙しい時もありますが…)是非、一緒にインストラクターやりましょう!!

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

 
Design by Free WordPress Themes | Bloggerized by Lasantha - Premium Blogger Themes | Hosted Desktops