Sponsor

2017/10/26

2018年度 日本スノーボード協会公認バッジテスト









バッジテストとは、1級~5級までのレベルごとにスノーボード滑走のレベルチェックをする技術認定テストです。1級に合格するとインストラクターの受験資格が得られます。また、2級~5級のどの級からでも受けられますが、2級以上はJSBAの会員登録が必要です。会員登録は1年中受け付けています。なお、バッジテストはJSBAの公認・認定スノーボードスクールで行われています。それぞれのスノーボードスクールによって日程が違うので、事前に電話やホームページで確認しておきましょう。



バッジテストでは、級別に規定の滑りをしてもらいます。基準に基づいた滑りが出来ているかを公認検定員が判定していきます。また3級~5級の検定はレッスンの中で判定する「レッスンチェック式」での受験になります。
内容は下記の通りですがもっと詳しく知りたい方は「JSBAスノーボード教程」(山と渓谷社 刊)をお求めいただくことをおすすめします。お近くの書店にない場合は、JSBA本部事務局(TEL03-5458-2661)でも購入出来ます。


1級~2級(スキルチェック式)
開催日程
申込受付
2018年1/28(日)・2/25(日)・3/11(日)・21(祝)・4/1(日)

当日スクール受付カウンターにて10:10までお申込みください。
※1・2級受験者はJSBA会員証の提示が必要になります。
※1級受験者は2級の認定証・合格書の提示が必要になります。
事前講習
受験級のテスト要領と技術アドバイスが受けられます(4,500円)
※各級受験に際し、最低1回受講する義務があります。
検定
規定の検定種目を各1回演技し、2名の検定員で判定します。
合格発表
・合格者は公認料を支払い、合格書・認定証を受け取ります。
・認定証の交付:1~2級は後日JSBAより郵送。
・不合格の場合は事前講習終了証明証をお受け取りください。
・受験者は次回のアドバイスを検定員に聞いてみましょう。

3級~5級(レッスンチェック式)
開催日程
申込受付
随時開催。レッスンの中で判定していきます。
レッスンを申し込む際にバッジテストの希望を申し出てください。
(レッスン中、インストラクターより勧められることもあります)
事前講習
2時間のレッスンの中で判定をします。
※2レッスン以上を連続で受講する場合もあり。
検定
一定の技術に達しているか、レッスン中に
インストラクター(検定員保持者)1名以上で判定します。 
合格発表
・合格者は公認料を支払い、合格書・認定証を受け取りましょう。
・認定証の交付:3~5級は当日スクールにて交付。
・不合格の場合は事前講習終了証明証を受け取りください。
・次回のために検定員にアドバイスを聞いてみましょう。

受験料(会員)受験料(非会員)合格後にお支払いただく公認料
1級2,700円― 2,700円 
2級2,700円2,500円
3級1,620円2,160円1,080円
4級1,080円 1,620円1,080円
5級1,080円 1,620円1,080円


5級
検定種目
着眼点
ノーズドロップから停止
(緩斜面 約10m×20m)
・重心移動とバランス
・適切な停止動作
連続ターン
(緩斜面 指定なし 約30m×80m)
・ボード操作
・バランス
・安全なスピードのコントロール

4級
検定種目
着眼点
 ロングターン
(緩斜面 回転数指定なし 約30m×80m)
・安定したボード操作
・バランス
・安全なスピードのコントロール
 ミドルターン
(緩斜面 約20m×80m)
・安定したボード操作
・小さ目のターン弧
・安全なスピードのコントロール

3級
検定種目
着眼点
 ショートターン
(中斜面約10m×100m)
 ・リズム・バランス
・スピードコントロール
・左右均等なターン弧  
 カービングターンロング
(中斜面4~5回転 約30m×100m)
・安定した全体のフォーム
・適切な荷重と切り替え
・適切なポジショニング
・左右均等なターン弧

2級
 検定種目
 着眼点
カービングターンショート
(中斜面 約10m×100m)
・確実な雪面グリップ
・安定したスピードのコントロール
・適切な荷重、抜重
・左右均等なターン弧
ベーシックカーブロング
(中斜面4-5回転 約30m×100m)
・安定した全体のフォーム
・スムーズで適切な上下運動
・適切なポジショニング
・左右均等なずれの少ないターン弧
フリーライディング
(中急斜面 約30m×200m)
・斜面状況に合ったボードコントロール
・流れの良い運動と滑走
・複数の滑走技術を組み合わせた演技構成

1級
検定種目
着眼点
ベーシックカーブロング
(中斜面4回転 約30m×100m)
・安定した全体のフォーム
・スムーズで適切な上下運動
・適切なポジショニング
・左右均等なずれの少ないターン弧
ベーシックカーブショート
(中斜面 約10m×100m)
・確実な雪面グリップ
・安定したスピードのコントロール
・タイミングの合った上下運動
・左右均等なターン弧
フリーライディング
(中急斜面 約30m×200m)
・斜面状況に合ったボードコントロール
・流れの良い運動と滑走
・複数の滑走技術を組み合わせた演技構成

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

 
Design by Free WordPress Themes | Bloggerized by Lasantha - Premium Blogger Themes | Hosted Desktops